北山川観光筏下りにチャレンジ!

筏下りの様子

北山村の文化にして伝統産業でもある「筏流し」。
今に残そうと「観光筏下り」としてスタートしたのは昭和54年で、以来自然の神秘、大スケールが生み出す予想できないスリルが評判を呼び、予約が殺到。近年は年間8千人の皆様に体験いただいております。

北山村へ

小森ダム湖事前予約の後、遠路北山村へ。
観光筏下りを始めた頃から比べると道路整備が進み、所要時間はかなり短くなっています。

長いトンネルや深い谷にかかる橋を渡り、山間の秘境・北山村へ。山々に囲まれたその秘境のど真ん中を川が流れるという壮大なロケーション。ここ日本?と圧倒されつつ、集合場所となる観光センターへ。
観光センターは「おくとろ温泉・やまのやど」やレストランがある、小森ダム湖畔の「おくとろ公園」にあります。

 

乗船前の筏

観光センターで受付のあと、専用バスでオトノリ(乗場)へ。

その場所で待っていたのが・・・、杉の丸太8本で組まれた筏。この筏は「一床」と呼ばれ、それを七つにつなぎ完成した全長約30mもの筏の列がみなさんを大冒険とへと誘ってくれます。

 


いざ出発!

筏師 命綱?となるライフジャケットを身に付けいざ出発!
みなさんの命を預かった熟練の筏師の見事な櫂さばきのもと、筏の列は激流の中心へ。

すると筏はみるみるうちに急加速し、ここから約1時間10分かけてのアドベンチャーがスタートするのです。

 

急流を下る筏

つかめるのは両脇の手摺りだけという不安定な体制に、目前には川の急流、切り立った岩肌が迫るという恐怖も合いまって、スリルのほどは遊園地の絶叫マシーンなど比較には及ばず。

何てったって「ココでアノ仕掛けが」なんて決まったパターンがあるわけもなく、予想もつかない自然のアトラクションが突然に襲ってくるわけで・・・。

筏の上では常に「キャー」とか、「ヒャッホ~」とか思い思いの雄叫びを上げみなさん大興奮!降りかかる水しぶきも心地よく、まさに自然を五感でフルに満喫してるっていう感覚がみなさんの気持ちをさらに高揚させているのでしょう。

 

日本古来の伝統でもある筏下り。
今となっては貴重な文化を観光素材として新しくアレンジしたユニークな水上アクティビティは村の名物であり、夏の代名詞。
偉大な自然が、急流の興奮があなたのすぐそばに・・・。

今年こそはぜひ日本の秘境が残る北山村でこんな忘れられない体験にトライしてみてはどうでしょう。