新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金に係る活用状況について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金について

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(令和2年4月20日閣議決定)において、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、また地域の実情に応じて様々な事業に対応できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下、「地方創生臨時交付金」という。)」が創設されました。
本村では、新型コロナウイルス感染拡大の防止や感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活の支援、各事業者への事業継続や雇用維持等への対応、ポストコロナに向けた地域経済の発展・好循環等の実現を図るため、以下の事業に取り組んでいます。

地方創生臨時交付金を活用した事業の実施状況及び効果検証について

各地方公共団体においては、事業終了後に臨時交付金を活用して実施した事業の実施状況及びその効果について公表することとなっております。

このことから、地方創生臨時交付金を活用した事業の実施状況及び効果の検証について次のとおり公表します。

令和2年度実施事業(令和3年度への繰り越し事業を含む)

令和2年度実施事業の実施状況及び効果検証報告.pdfPDFファイル(224KB)このリンクは別ウィンドウで開きます